自立訓練と就労移行支援の違い

日常生活から復職・就職までサポートする
リワークセンター

自立訓練と就労移行支援の違い

うつ病などのメンタル不調の方が社会復帰を目指す際に有用なサービスに、自立訓練(生活訓練)や就労移行支援などがあります。
どちらも障害者総合支援法に基づく福祉サービスであるものの、両者では目的が異なります。

自立訓練(生活訓練)では、社会参加に必要な生活能力や心身の健康の回復からサポートを受けられます。
就労移行支援では、就職に必要な知識やスキルを身に付けるためのサポートが受けられます。

Rodinaのリワークセンターのように、自立訓練でも「健康的に働き続けるため」に役立つサポートを受けられます。
各自立訓練(生活訓練)・就労移行支援事業所ごとに特長・強みがあるので、詳しくはご興味ある施設までお問い合わせください。

自立訓練(生活訓練)と就労移行支援の比較表

 ⾃⽴訓練(⽣活訓練)就労移⾏⽀援
基づく法律障害者総合⽀援法障害者総合支援法
⽬的自立した日常生活や社会参加ができるようにサポートを受けられる場の提供一般企業で働くためのスキル習得や就活サポートを受けられる場の提供
対象者社会生活に必要な生活能力の維持・向上などの支援が必要な方一般企業に就職したい障害や難病のある方
対象年齢原則18歳~65歳未満原則18歳~65歳未満
種類通所型・訪問型・宿泊型通所型
サービス内容食事や家事などの日常生活能力や、
社会参加に必要な訓練を受けられる
一般企業で働く際に役立つ
職業訓練が受けられる
利⽤時間9時~15時の利用が一般的9時~15時の利用が一般的
利⽤期間原則2年以内
(長期入所者の場合は3年間)
原則2年以内
利⽤料多くの人が無料で利用
(前年収入によっては費用発生)
多くの人が無料で利用
(前年収入によっては費用発生)

自立訓練(生活訓練)と就労移行支援では共通する内容もあるものの、大きな違いはスタート地点が働くことを意識するかが分かれ目となります。

就労移行支援は「一般企業へ就職したい」という目的のある方が利用できる一方で、自立訓練(生活訓練)では生活改善から始めたい方も利用できます。

自立訓練が目的とする社会参加には、「復職・就職したい」が含まれるため、生活改善から働き続けるサポートまで受けたい方は自立訓練(生活訓練)がおすすめです。

ただ自立訓練施設によって特長は異なります。
Rodinaのリワークセンターでは「健康的に働き続ける」ことを意識した各種プログラムが受けられます。

生活改善や心身の健康を整えるウェルネスプログラムや、職場復帰に役立つ実践的なプログラムが多数あり、オンラインで利用することも可能です。

就労移行支援と自立訓練は併用できる可能性もありますので、詳しくはお住まいの自治体またはRodinaまでお問い合わせください。

社会復帰(復職・就職)までの流れ

不安や悩みのご相談

Step1

休職・離職中の不安や悩みをひとりで抱えていませんか? 病気(障害)や暮らし、仕事復帰への不安など、何でもご相談ください。

体力回復や生活習慣づくり

Step2

落ちた体力や乱れた生活リズムを整えながら、社会復帰への準備を始めます。
あなたのペースで、働くための基礎作りができます。

あなたらしい働き方の発見

Step3

専門的なプログラムやスタッフとのカウンセリング・面談などを通して、働き続けるために、得意なことや苦手なことを整理しながら、これからのキャリアを明確にします。

健康的に働き続ける

Step4

社会復帰後も安定して働き続けられるようにサポートをします。スタッフとの定期面談でメンタル不調の再発に気をつけ、健やかに長く働くことができるようにサポートします。

自立訓練(生活訓練)が受けられる事業所

自立訓練(生活訓練)はリワークセンターで受けられます。

Rodinaでは、在宅訓練にも力を入れているので、「外出することが、体力的にも精神的にも不安」、「遠方だから、毎日通うのはつらい」という方なども、お気軽にご相談ください。

※お住まいの自治体により在宅訓練のサービス提供が難しい場合があります。

おすすめコンテンツ